このサイトでは、多くの方がペットと暮らしていく中でペットが亡くなった場合のペット葬儀の手続きなどを説明したサイトです。
生きているうちは沢山の思い出を残してくれたペットなので、ほぼ家族と一緒の様な感覚で暮らしているのは事実となります。
最近は街中の看板などでもそのサービスを展開している業者も多くなっており、依頼できる体制も整っています。
そういった思い出の整理のためにもペット葬儀を執り行うことは必要で、その手続きも決まっているため、それを紹介していきます。

ペット葬儀の料金と手続きについて

ペット葬儀の料金と手続きについて ペットが亡くなったら人間が亡くなった時の様に遺体を安置する必要があります。
その手続きの始めは遺体を綺麗にすることから始まり、ペットに合うサイズの段ボール箱を用意し、ビニールシートに段ボールを載せて段ボールに毛布を入れ遺体を安置します。
長期にわたる場合には、保冷剤を入れるなどしておき、実際にペット葬儀を行う業者に依頼して葬儀を行う形になります。
犬の場合だと保健所に飼い犬として登録されているため、その鑑札と狂犬病注射票を添えてその登録の抹消手続きを行う必要があります。
また狂犬病の場合には保健所に、血統証が存在する場合は管理団体に報告を行う必要もあります。
ペット葬儀をする場合の費用の相場は、地域や業者、依頼する動物の種類により決まり、火葬まで含めて10万円もかからずに執り行うことができるのが相場です。
後は霊園や納骨堂に遺骨を納めるため、その場所の用意なども必要となります。

ペット葬儀に必要な書類

ペット葬儀に必要な書類 ペットが亡くなったからといって公園に埋めるのは犯罪となります。
最近では集合住宅も多く自宅の庭に埋めるというわけにもいきませんし、家族の一員だったペットを有料ゴミとして捨てるのは悲しすぎます。
おすすめはペット葬儀です。
最近ではペット葬儀の業者も多くなっています。
他のペットと合同での火葬になると費用も安くなり、納骨までお願いできるのでお骨の処分に困る必要もありません。
葬儀とはいえペットのものですから、喪服を着たり参列者を呼ぶ必要はなく、家族で普段着で行なえばよいでしょう。
必要とされる書類というのもありません。
ただ、ペットとの写真やお花・愛用のおもちゃ・ドッグフードなどを持参して火葬する際に一緒に入れてやるという飼い主は多いです。
とはいえ、業者によっては禁止されているところもあります。
金属など燃えにくい素材のおもちゃだとどこでも禁止されているでしょう。
きちんと確認してから用意するようにしてください。
きちんと真心を込めて葬儀を執り行ってくれる業者ばかりとは限りません。
しっかりと情報収集を行い、信頼できる業者選びをしましょう。
業者選びに忙しくし、きちんとお葬式を行うことでペットロス症候群からの立ち直りにも効果があるはずです。

ペット葬儀関連サイト

ペット葬儀で大切なパートナーを見送ってあげましょう。

ペット葬儀 東京