ペット葬儀の規模は?

ペット葬儀の規模は? 現代は犬や猫などのペットを、家族同然に可愛がっている人が増えており、寿命や病気などで亡くなってしまうと、丁寧に供養をして弔ってあげたい人が増加しています。ペット葬儀の専門業者は全国に数多く存在しており、250億円ぐらいの規模があると言われています。ペットの高齢化も進んでおり、ペット葬儀社に依頼して自宅の敷地内で火葬をしたり、遺骨を手渡してもらったり、お墓を建立したい人もおられます。
大切なペットが亡くなってしまうと、一時的にペットロスになってしまう人もおられますが、ペット葬儀社に依頼してきちんと供養をしてもらったり、お墓を建立することで精神的な負担を減らすことができます。ペット葬儀の専門業者は数多く存在していますが、口コミで評価が高く会社の規模が大きい所を選びましょう。自然環境が豊かで騒音などもなく、閑静な地域にペット霊園があるので、最期の眠りにつく場所にぴったりです。大切なペットが亡くなると大変辛いですが、スタッフは丁寧な応対なので安心できます。

爬虫類もペット葬儀の対象になるの?

爬虫類もペット葬儀の対象になるの? 近年、ペットの種類は多様化しており、犬や猫だけではなく、飼育にあまり手間がかからず人にも馴れる種類が多い爬虫類など特殊な動物をペットにする人も多くなっています。それらのペットとして飼育されていた動物が死んでしまった場合、飼い主としては一般的な動物と同じように葬儀をしてあげたいと思うものですが、全てのペット葬儀業者で葬儀を受け付けている訳ではありません。特殊なペットは合同火葬できない業者も多く個別の対応となるケースが多い傾向ですが、小型動物の火葬に適した炉を所有していることが必要になるため、爬虫類の葬儀を行いたい場合はペット葬儀業者のホームページを検索し、葬儀対象動物の一覧から対応可能か確認することが大切です。
現在では公園や集合住宅地の花壇、空き地などの公共の場所で勝手に埋葬すると、不法投棄と同じ罰則が適用されてしまうことがあります。また、自分の敷地内で火葬することも、廃棄物処理法に抵触する場合がありますので、爬虫類など特殊な動物でもペット葬儀業者に依頼することが大切です。