ペット葬儀のマナーについて

ペット葬儀のマナーについて ペット葬儀に参加する際、服装は黒の喪服でなくとも問題ありません。
黒や紺といった落ち着いた色合いの服装で参加しましょう。
なにか持っていく場合、花やペットが好きだった食べ物をお供えとして持っていくと良いと言われています。
花は花屋でペット葬儀である旨を伝えれば見繕ってもらうことが出来ます。
好きな食べ物を知らない場合には、無理に用意する必要はありません。
人間の相違の場合に用意される香典も、基本的には必要ありません。
しかしどうしてもなにか用意したいと考えている場合には、先に触れた花を用意すると良いでしょう。
あまり畏まった供え物は、かえって飼い主に気を遣わせてしまうことがあるので、マナー違反となります。
お悔やみの言葉をかけるときに、「また新しいのを飼えばいい」といった言葉はマナー違反です。
ペットは家族同然と考えている飼い主が多くいますから、「亡くなって残念です」という気持ちを率直に伝えるようにしましょう。

マナーを守ったペット葬儀で天国まで送ってあげましょう

マナーを守ったペット葬儀で天国まで送ってあげましょう 家族の一員としてすごしてきた可愛いペットが亡くなった時は、身を切られるようにつらい思いをする方が本当に多いです。
今はペット葬儀も選択肢が増えつつあるので、家族の意向に沿った葬儀を行いやすくなっています。
ペット葬儀もほぼ一般的な葬儀と同じような流れで進みますが、ペット専門の葬儀を行える場所も増えていますので、そちらに連絡して火葬をどのようにするのかを話し合いましょう。
安置をし、火葬を行って、可愛いペットを最後まで無事に天国までお見送りが出来るようにして上げられるのは飼い主だけです。
日程を決めて服装なども悩むと思いますが、自分たちだけで行う場合には普段着でされる方もいます。
ただし、お招きされたり他にも着てもらう場合には黒の礼服を着用して行うなど配慮をする事が殆どです。
悲しみを和らげるために、お子さんがいたりする時は騒がないように気をつけておきましょう。
写真なども残したいと思うかもしれませんが、施設側に確認してから行う事が大切です。