ペット葬儀までの安置方法

ペット葬儀までの安置方法 大切なペットが亡くなったとき、すぐに葬儀について考えられないという方も多くいるでしょう。ですが何もしないでいると、ペットの遺体が傷んでしまいます。そのため悲しみに縛られずに、ペット葬儀に向けてどのような対応をしたらいいのか考えていきましょう。

まず行わなければならないことが、ペット葬儀の業者に連絡することです。業者に連絡することで、火葬の日程や当日の注意点について説明してもらえます。例えば火葬をするとき、ペットの場合は飼い主が棺を用意します。棺は段ボールで構いませんが、火葬をするときに棺の大きさの制限があるので注意が必要です。また中型犬や大型犬の場合には、手足が伸びた状態だと死後硬直で指定の大きさの箱などに入らないこともあります。

ペット葬儀まで期間がある場合には、安置方法を考えましょう。特に夏場の場合には、遺体の状態を悪化させないためにドライアイスなどを使って冷やす必要があります。冷やす場合には、ペットの体に直接ドライアイスが当たらないように気をつけることが大切です。

ペット葬儀までに必要な手続き

ペット葬儀までに必要な手続き 一口にペットと申しましても、一緒に暮らした家族です。たくさんの思い出があります。
その家族が最期を迎えた日、何とも言えない寂しさがあります。暖かかった体も冷たくなって、でも表情はただ眠っているかのようで、いつまでもそばに置いておきたいと思うでしょう。
しかし、家族なら猶更、きちんと最後のお別れをしたいものです。今はペット葬儀をされる方が多く、その手続きも簡単です。まず、ネット等で最寄りのペット葬儀の会社を検索してみましょう。そして、ネットから、もしくは電話で予約をします。専用の火葬車で自宅まで来てくれるサービスもあります。
家族の立ち合いの有無は希望によります。火葬したあとは、お骨上げをし、骨壺に入れてお持ち帰りをされる方、もしくはペットのお墓に埋葬される方もあります。
愛するペットとのお別れはほんとに寂しいものですが、たくさんの思い出を胸に最後のお別れを、そして、いつまでも忘れないように形にしてはいかがでしょうか。